Accessクエリでフィールド名を別の名前で表示させるには

Q&A
この記事は約2分で読めます。

Access クエリでフィールド名を別の名前で表示させる方法をご紹介します。

クエリではテーブルに設定されたフィールド名とは違う別のフィールド名で表示させることが可能です。クエリのみ変更されるので元のテーブルのフィールド名にも影響しません。

それでは早速やってみましょう。

 

まずはフィールド名を変更する前のデータシートビューを見てみましょう。下の画像の「氏名(カタカナ)」を「フリガナ」に変更します。ちなみにテーブルのフィールド名にカッコ「()」を使っていますが、フィールド名にカッコなどの記号を使うと不具合が出ますので実際には使わないでください。

query-datasheet-view-change-before

 

クエリをデザインビューで開きます。

そして下の画像にようにデザイングリッドでフィールド行のフィールド名のところで右クリックをします。

query-design-grid-right-click

 

 

メニューが表示され、その中にある「ズーム(Z)」をクリックします。

query-context-menu

 

 

ズームボックスが表示されますので、その中に「フリガナ:氏名(カタカナ)」と入力します。このとき、「:」は半角(日本語入力はオフします)で入力してください。入力が終わったら「OK」ボタンをクリックします。

補足:ズーム内の字が小さくて読めない場合は、「フォント」ボタンをクリックして字のサイズを見やすい大きさに調整してみてください。

query-zoom-config

 

 

デザイングリッドのフィールド行に「フリガナ:氏名(カタカナ)」がセットされます。「フリガナ」はクエリを実行したときのフィールド名となります。「実行!」をクリックします。

query-execute-field-name-change

 

 

フィールド名が「フリガナ」と表示されました。

query-datasheet-view-change-after

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回はクエリのフィールド名の設定方法をご紹介しました。

この記事で分からない点ありましたら、コメントをお願します。分かる範囲でお答えします。

Q&A
スポンサーリンク
Access Lesson